ブログ

ブログアーカイブ

平和安全法制の議論に思う

今週に入って、平和安全法制に関する議論が本格化している。改めて思うのは日本はこういう議論が苦手だなぁということである。 そもそも大戦の時にも一般世論は開戦に向かっていた。日露戦争の際、戦争続行が困難とみた政府は、ポーツマス講和をしたが、それ...

政治家

今は原子力規制に関するPTにおいて、原子力事故に関する国会事故調査会への報告書について議論している。その前にはタクシーに関する法規制のあり方についての勉強会に参加をしていた。時間は午前8時30分である。これから夜までびっしりと様々な課題につ...

川崎事件現場と少年院視察

現在、私が抱えている膨大な案件の中でも、特に今後の影響力が大きく、悩ましいものが、成年年齢を20歳から18歳にするかどうか、少年法も同じように適用年齢を引き下げるかどうか、そしてその他300近い事項についても同じように引き下げるかどうか、を...

困難な道

今期の国会から初めて厚生労働委員会に所属した。これまでは経済産業委員会 、環境委員会、外務委員会と特別委員会などに所属してきたが、厚生労働委員会は対決法案も多く、一人でヤジをずっと飛ばしている異常な議員がいたりして、全く違う雰囲気である。 ...

豪州訪問団総括

オーストラリアの超党派若手訪問団のミッションを終えた。途中には「2000年に一度」というブリズベンの大雨に遭遇するなどハプニングもあったが、そのことも含めて本当に良い経験をさせて頂いたし、日豪の友好をさらに強める役割も果たせたのではないかと...

オーストラリア若手議員訪問団団長

戦艦武蔵の慰霊祭から戻って翌日はエチオピア外務大臣との朝食会、成年年齢検討委員会、本会議等を丸一日とにかくこなし、翌日からオーストラリアへ。 オーストラリア政府とは議員交換プログラムを行なっており、将来有望な若手議員が年に一度お互いを訪問し...

戦艦武蔵慰霊祭

戦艦武蔵が発見されてからは初めてとなる洋上慰霊祭に参加した。祭典委員長という立場であった。 もともと、武蔵一宮氷川神社から分祀を受けた戦艦武蔵の艦内神社であった武蔵神社とのご縁からさいたま市の有志にて戦艦武蔵顕彰碑を立てよう、ということで始...

こだわった省エネ

昨日から環境大臣、経産大臣、そして今日は官房長官、そして外務大臣と温暖化防止について申し入れをしている。 様々な議論を経て、2030年の温室効果ガス削減の数値目標の提示はやめたのだが、一点だけ省エネについては4割を目指す、と妥協しないで入れ...

統一地方選挙を終えて

統一地方選挙が終わった。お世話になった皆様に心から感謝申し上げます。結果的には難しいとみられていた方も含めて私の地元は全員当選。それぞれに人生を賭けた挑戦であったので、ほっとしている。 政治家の悪口や批判を言うのは極めて無責任で簡単なことで...

無投票

統一地方選挙が始まってちょうど中盤である。私の地元では、さいたま市西区および中央区は県議選が、北区では県議選市議選とも無投票となった。北区では事前に郵送された投票券は無意味になってしまったわけである。それだけ現職の方がきっちりと仕事をされて...

吉田松陰

私たちはこれが正解だ、という世界で生きているわけではない。毎日細かいことも含めて、難しい判断を迫られており、そこにあらゆることを考えてこれが ベストではないか、という最終判断を下している。それが本当に正しかったかどうかは、結果論だし、最後は...

与党幹事長訪中

自民党の谷垣幹事長、公明党の井上幹事長の訪中に随行して中国に来ている。北京に来たのは8年ぶりだが、以前には残っていた貧しい雰囲気はほとんど見ることがなくなっており、改めてこの間の経済発展の勢いを見る。 今回はまず兪正声中央常務委員とお会いし...

年齢検討特命委

昨年環境大臣政務官を退任した時に、次の一年は党務を覚えたいと考え、副幹事長、青年局長代理、情報調査局次長、ネットメディア局次長など、かなりの時間を党務に集中してきた。いわゆる政策分野はもちろん部会等に出て発言はしているが、自分が中心的にして...

党大会を終えて

党大会が終わった。今回は幹事長室で初めて大会運営側となり、様々勉強になった。改めて党大会に関わってくださった皆様、特に党職員の皆様には心から御礼を申し上げたい。私が企画担当になっていた前日の自転車イベントが悪天候により中止になったのは残念で...

孤立

川崎の中学1年生惨殺事件のことが日本中の人にショックを与えている。わずか中学1年生の子に暴行を加えた上、全裸で寒い中泳がせ、さらに暴行を加えた上、カッターナイフで切りつけて殺す、という手口は人間とは思えない。 ただ、先週は女子少年院、今週は...

マスコミの入らない会議の様子

毎週2回ある役員連絡会とその後の副幹事長会議。ここでの議論はまさに政党政治そのものだ、と大変勉強になる。 私はまだ今年で政治活動10年目であるが、この間に衆参のねじれ、政権交代、落選、そして衆参の安定と様々経験をさせて頂いた。この間、自分は...

西川大臣辞任を機に考え直すべきこと

西川農林水産大臣が辞任し、今日は国会審議が若干乱れた。大臣の辞任が相次いだことは非常に遺憾なことである。そのこと自体に弁解の余地はない。 しかし、日本の経済や安全保障、社会保障の問題など国民国家の課題は山積みである。そうした本質的な審議に影...

民主主義と定数の議論

一票の格差、という問題について第3者委員会の議論が進んでいるようだ。これはこれで決めたことなので、ベストの結論を期待したい。他方で、議員定数削減という話もある。これは、私が議員になってみて一番考えが変わった点である。要するに、単に減らせ、と...

2030年日本と世界

自民党の国家戦略本部にて、2030年の日本、という本を出した。今日は青年局の会合で石田副本部長にその話をしていただいた。 27もの言語は同時翻訳機ができて、あまり外国言語の勉強をする意味がない日がその時までにはやってくる、とか人工知能が発達...

物は動く!

今日は総理の施政方針演説の日。いよいよこれから本格的な国会論戦が繰り広げられる。1点残念なのは民主党の群馬から選出されているMという議員のヤジが私が在職中では最悪なことである。たった一人で国会の雰囲気を貶めており、こんな国会議員がいたのでは...

アーカイブ

カテゴリ

牧原秀樹facebookページ
まきはらひできLINE@
マッキーニュースバックナンバー 牧原ひできメールマガジン 党員・サポーター・後援会会員募集