ブログ

ブログアーカイブ

最終盤の国会とイギリスの総選挙

イギリスの総選挙が終わり、ハング・パーリアメントという二大政党のどちらも過半数を取らない状況になった。メイ首相が解散を表明した時には保守党の圧勝で終わる、とみられていただけに、逆にメイ首相の突如の解散決断について議席を減らして過半数を失った...

謙虚こそ大切

昨日、46歳の誕生日を迎えました。今日までこれたのは、両親をはじめ、家族、親族、友人、そして支援者の皆様など、本当に周りの方々のおかげです。心より感謝申し上げます。 誕生日とはいえ、丸一日活動しました。朝の会議から始まって、青年局の街頭活動...

凍土壁に対する怒り

久しぶりに猛烈に怒りを感じていることがある。 それは福島の原発事故関連で、凍土壁のことである。昨日の報道で、凍土壁について全部が凍らず、想定していた効果は認められない見込みであることが発表された。あまり、大きな記事にはなっていなかったので、...

今必要なこと

今日はアベノミクスを成功させる会、があった。 最近、実は若干の違和感があるのは、アベノミクスが成功するとかしないとか、あたかも評論家のような意見が飛び交うことである。要するに、それをなんと言おうが、日本は今の段階で経済政策をきちんとしなけれ...

衰退途上国にはさせないために

選挙戦が事実上スタートし、私も全国の各所に応援に伺っている。ここでしっかりと日本に残された最後のチャンスの時を活かすためにも参議院での勝利は不可欠である。 しかし、残念なのはテレビを見ても、新聞を見ても、とにかく異常なほど注目は舛添都知事の...

参議院選挙に事実上突入

通常国会も終了し、事実上の参議院選挙モードに突入している。私も街頭に立ったり、知り合いに声をかけたりなど、選挙モードになりつつある。特に今回は18歳選挙権実現の歴史的選挙でもあるので、なるべく若年層の投票率を上げたい、ということで全国青年局...

オバマ大統領の広島訪問

今日は日本にとって、世界にとって歴史的な日だった。オバマ大統領による広島訪問である。正直、私の生きているうちに現職の米国大統領による広島訪問が実現するとは思わなかった。とてつもないことである。 日本人が思っているよりはるかに米国人は原爆につ...

温故知新プロジェクト

青年局長として手掛けたいくつかの「牧原カラー」があると思いますが、その中に「温故知新シリーズ」があります。これは、政界をご引退された大先輩のお話を伺うものです。 私は小さいころから歴史が大好きですが、自分も年を重ねれば重ねるほど、改めて偉大...

全国高校生未来会議に思う

最近は、青年局長として高校生や大学生の皆さんとご一緒する機会がすごく多い。こちらも一生懸命伝えたいと思って力が入るが、逆に教えられることも多くて刺激になる。私は、職責は別として、若手の皆さんとの交流が大好きである。 私は、自分が公募の面接を...

待機児童問題について

どんな些細な失言も、失態も見逃さないという風潮の中、ブログの更新にも非常に神経を使うようになった。私が一期目の時と比較しても、もはや政界には言論の自由はない、というような緊張感が漂っている。これはこれで決して悪いことではなく、総理や閣僚の発...

鬼怒川決壊現場への視察

青年局では小泉青年局長の時から、毎月11日に被災地に足を運ぶTEAM11という活動を行ってきた。既に復興が進んできているという判断から、昨年以来は要請ベースがあれば伺うということにしており、私の代になってからは東北のみならずどこでも要請があ...

甘利大臣辞任に思う。

政治家として一番大切なことはなんだろうか?身綺麗なことか。良い人であることか?選挙に強い人か?口がうまいことか? いろんな意見があるだろうが、私は最も大切なのは、後世から見たときにきちんと「結果」を残せる人かどうか、だと思う。 1990年代...

最後の親不知

国会が始まったところで、奥歯が痛み、おかしいと思ったら虫歯。しかも、そのさらに奥には一本だけ残っていた親知らずが。。。これはほとんど埋まっているので、歯医者さんも何かなければ抜かなくても、、と言われていたやつでした。 今日、地元でこの強烈な...

地球温暖化防止と消費税軽減税率決着

COP21において、歴史的な地球温暖化防止のパリ協定が締結された。今回は、それを応援したいという思いでパリにも伺った上、日本の目標を定めるについて大変な議論を経て党内をまとめた経緯もあり、本当に感慨深い。世界はこうしたことを通じて、一つの地...

最大の課題

このところ、あまりの忙しさに過労気味であった。今日は、久しぶりに3時間の「空き時間」を作り、ブログの更新も久しぶりにさせて頂いている。 青年局長として全国を飛び回り、様々お話を伺う中、感じることがいくつもある。その中で、日本全体が何となく活...

フランスのテロに思う

フランスでの同時多発テロは、改めて世界が置かれている不安定な状況を思い知らせることとなった。 平和というものは、どんなに国会前で「平和平和」と叫び続けても、それだけで実現されるものではない。一度、現実に自分の愛する家族が殺されたり、あまりに...

青年局長

第47代の青年局長に就任した。初当選以来11年目での青年局長というのは、かなり遅いので気恥ずかしい思いもするが、皆様からのご支持ご支援の賜物であり、全力を傾注して日本の未来のために貢献したい。 青年局長というのは、45歳以下、衆議院では当選...

戦艦武蔵顕彰碑

戦艦武蔵の顕彰碑の建立を行った。沈没後、71年目にあたる10月24日に、武蔵一ノ宮氷川神社において、実行委員長として仕切らせて頂いた。誠に感無量であった。 特に、元乗組員の中島茂武蔵会会長をはじめ、5名のご参加を頂いたことは感謝に堪えない。...

世界一のサービス

安倍政権の閣僚人事や党幹部人事も終わり、今はそれ以下の人事が猛烈に動いている。私は今まで議員生活10年で、事前に「猛烈アタック」のようなものをかけたことはないのだが、そのすさまじさにびっくりしている。私は、人間というのは天命があり、それは努...

まもなく内閣改造で、思うこと

史上最長だった国会が閉幕して、今は人事を待つ、という感じになっている。 誰でも大臣になれる、という時代は終わった。昔は、当選5回になれば、派閥のバランスを考えながら各派閥からの推薦名簿に従って大臣を選ぶのが総理の仕事だったという。しかし、小...

アーカイブ

カテゴリ

牧原秀樹facebookページ
まきはらひできLINE@
マッキーニュースバックナンバー 牧原ひできメールマガジン 党員・サポーター・後援会会員募集 ご支援をお願いいたします!ネット献金はこちら