ブログ

オーストラリア若手議員訪問団団長

戦艦武蔵の慰霊祭から戻って翌日はエチオピア外務大臣との朝食会、成年年齢検討委員会、本会議等を丸一日とにかくこなし、翌日からオーストラリアへ。 オーストラリア政府とは議員交換プログラムを行なっており、将来有望な若手議員が年に一度お互いを訪問している。今回は私が団長で、自民党から小倉、村井両衆議院議員、民主党から宮崎議員、公明党から中野議員、維新からは清水参議院議員の6名である。 昨日は朝到着後、キャンベラにて各政党事務所を訪れ、選挙管理委員会からオーストラリアの民主主義のあり方について伺った。今日はブリズベンに移動し、複数の与野党の国会議員と会議を持った。 オーストラリアは選挙登録および投票が義務付けられている。違反をした場合は罰金もある。おそらくそのことによって若手政治家が活躍をしており、世代間ギャップも含めて大変率直な意見交換ができた。日本では難しいが、若い世代もしっかりと投票に行き、世代としての声をあげることが本当は大切であり、義務化はその有力な方法であるはずである。 高齢、経済や賃金の高騰、安全保障、TPPやAIIBのことなどもかなり突っ込んだ意見を聞くことができた。 オーストラリアは間違いなく世界でも日本が仲良くすべき国であり、現実も過去最高とも言われる蜜月の状況にある。私もそんな両国の長い良好関係の維持に貢献したい。

コメント(0)

コメントする

コメントを投稿する

アーカイブ

カテゴリ

牧原秀樹facebookページ
まきはらひできLINE@
マッキーニュースバックナンバー 牧原ひできメールマガジン 党員・サポーター・後援会会員募集