ブログ

無投票

統一地方選挙が始まってちょうど中盤である。私の地元では、さいたま市西区および中央区は県議選が、北区では県議選市議選とも無投票となった。北区では事前に郵送された投票券は無意味になってしまったわけである。それだけ現職の方がきっちりと仕事をされていたということもあると思うが、やはり政治への無関心、政治家になろうという人の減少が大きい気がする。 政治家になるということはよほど安定した別収入がある場合を除いて極めてリスクが大きいし、休みやプライバシーのなさ、そして受ける批判の大きさなどを考えると、魅力がなくなったということなのか。そうやって良い人材が集まらなくなると、結果的には国民市民に跳ね返ってくることなので、長い目で見れば無投票が増えるということは良い傾向とは思われない。 他方、今選挙が行われているところは熾烈である。私も自民党の候補者全員の当選を期して活動させていただいている。皆様にもなにとぞご支援のほどお願い申し上げます。

コメント(0)

コメントする

コメントを投稿する

アーカイブ

カテゴリ

牧原秀樹facebookページ
まきはらひできLINE@
マッキーニュースバックナンバー 牧原ひできメールマガジン 党員・サポーター・後援会会員募集 ご支援をお願いいたします!ネット献金はこちら