ブログ

党大会を終えて

党大会が終わった。今回は幹事長室で初めて大会運営側となり、様々勉強になった。改めて党大会に関わってくださった皆様、特に党職員の皆様には心から御礼を申し上げたい。私が企画担当になっていた前日の自転車イベントが悪天候により中止になったのは残念であったが、青年局と幹事長室の役割をハシゴしながら、また当日は舞台のすぐ脇で運営委員の一人としての役割を果たしながら、2日間終わったことは感慨深い。 先日の民主党大会と比較するのも申し訳ないが、こういう全国党大会を見ると、その政党の実力がわかってしまう。日頃から組織としてどれだけ地域に根ざし、女性や青年、学生にまで浸透しているか、また政党活動が訓練され、経験を積んでいるかは、単に格好良いことを人までパフォーマンスするようにはいかないからだ。 青年局や女性局の皆様の全国的な力はやはり自民党の宝である。 私は、自民党でも何党でも日本を良くしてくれるならどこでも良いと思う。しかし、経済政策を筆頭に自民党以外に、現時点では政権担当能力があり、日本を正しい方向に持っていけるところは他にない。無論、公明党は連立与党として確固たる政権担当能力をつけているが、民主党や維新には思い付き以上の政策がなく、批判勢力にはなり得ても国を運営する力は皆無である。 ただし、奢れる者は久からず。その奢りを諌め、謙虚さと、既得権益保護や自己利益誘導にならないような役割を果たしていきたい。

コメント(0)

コメントする

コメントを投稿する

アーカイブ

カテゴリ

牧原秀樹facebookページ
まきはらひできLINE@
マッキーニュースバックナンバー 牧原ひできメールマガジン 党員・サポーター・後援会会員募集