ブログ

テロの手先

イスラム国における日本人人質事件は、湯川さんが殺害されてしまった可能性が高いという極めて痛ましいことが報道されている。 他方、今回の事件については、一部安倍総理の中東支援や、その後のテロには屈しないという発言を問題視するかのような民主党議員や評論家、マスコミなどもいるようだが、全くの誤りである。 そもそも、今回の事件で一番誰が悪いか。言うまでもなく、イスラム国のやり方である。人の命をなんとも思わず、それを自分たちの要求を通すためなら殺すことも厭わない、というようなことは断固として許してはならない。それを、日本の総理や政府の批判につなげるというようなことをこの段階で行うというのは、まさにそういう人たちがテロの手先になってしまっているということだ。相手の思う壺である。 今回の事件は、それにどう対応するかで、今後の日本人の安全性にも大きな影響を与える、ということを忘れてはならない。かつて、日本でも日本赤軍など極左といわれる人々がテロ行為を繰り返した。脅せば屈する、という態度を見せれば、それは次の脅しを助長することになる。解放されたテロリストが別のテロ事件を起こして多くの命を奪ったという例はダッカ事件でもある。 とにかく、今はこの問題に対して日本政府の対応をみんなで支え、後藤さんの解放を願うしかない。国民や国が団結することを妨げることこそ、テロの最大の狙いであることを肝に命じなければならないときである。

コメント(1)

コメントする

コメントを投稿する

アーカイブ

カテゴリ

牧原秀樹facebookページ
まきはらひできLINE@
マッキーニュースバックナンバー 牧原ひできメールマガジン 党員・サポーター・後援会会員募集