ブログ

2015年新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。早いものでもう2015年、平成27年の年明けとなりました。皆様にはいかがお過ごしでしょうか? 私の場合は、毎年12月31日の夜から1月1日の夜まではほぼ徹夜で新年の行事 参加し、1月2日、3日は広報宣伝車でのすべての地域での新年ご挨拶まわり、4日から新年会に300近く参加、という日程になっています。この間に多くの皆様にお会いできるのでありがたいことです。ただし、体力勝負ですが! 今年は箱根駅伝で青山学院大学が初優勝を遂げました。議員になる前は、正月といえば箱根駅伝に張り付いていたので、青学の初優勝ということには感慨深いものがあります。今やすっかり強豪校として定着した東洋大学も初優勝はそんなに前のことではないですし、その時にも東洋大学が優勝か、と思ったものです。逆に、順天堂大学や大東文化大学など一時期は超強豪校だったところ、中央大学や日本大学、日体大など、伝統的に強豪校だったところがすっかり低迷していたりします。強い、といっても選手たちやいろいろな環境は移りゆくものなので、なかなか強さを維持することの難しさを痛感します。 実は、国家や企業としての繁栄も似ています。どんなに安定的に豊か、あるいは強いと思われている国や企業でも、その中の国民や人は入れ替わっています。歴史的に見れば、古くはローマ帝国からソ連のような国に至るまで一時期は世界最強と思われたようなところでも、滅びる時は滅びます。 今の日本は、民主党政権の時のどこまで落ちていくのだろうか、という絶望的な感覚こそなくなっている気がしますが、少子化は昨年なお一層急速的に進み、出生数はついに100万人を割り込まんとする水準になってしまいました。他方で、高齢化は一層進展し、900近い自治体が消滅するというレポートまで発表になりました。景気対策は最重要課題ですが、私としてはこのような少子化 高齢化、人口減少、財政再建といった長期的に見て日本にとっての大きな不安材料にきちんと答えを出していかなければ、真の意味での安心感や幸せ感というのが生まれにくいのではないか、と思っています。 常に長期ビジョンと世界的視野を持って次元の高い政治を行ってまいりたいと思っておりますので、今年もなにとぞよろしくお願いいたします。

コメント(0)

コメントする

コメントを投稿する

アーカイブ

カテゴリ

牧原秀樹facebookページ
まきはらひできLINE@
マッキーニュースバックナンバー 牧原ひできメールマガジン 党員・サポーター・後援会会員募集 ご支援をお願いいたします!ネット献金はこちら