ブログ

農協改革の党内議論スタート

農協改革の党内議論が今日からスタートした。残念ながら役員会と重なってしまい、現在最年少役員である身で末席を汚している立場として、党内議論の方を欠席せざるを得なかった。ただし、相当な慎重議論が出たということだけは、報告を受けた。 この手の話を見ていていつも思うのは、一体何のためにこの議論を行い、それをやった場合、あるいはやらなかった場合について、中長期的な視点まで入れて考えるとどうなっていくのか、という本質論が欠けがちになっていないか、ということである。 本質論は、日本の農業はどうあるべきか、ということである。誰がどう見ても、戦後の農政がすごくうまくいったとは言いがたいことは分かる。担い手の高齢化や耕作放棄地の拡大など、本来日本の農業が持っている潜在能力がはっきされているとは言えない。ようやく林大臣のもと、戦略的農政の話が行われ、減反政策の見直しなど骨太の改革も行われてきた。日本の農業は、安全で安心で、味覚も含めて高品質であり、世界的に見ても憧れの存在にもっともっとなり得る。そのためにどうすればいいのか。 果たして今回の農協改革の議論はこの本質論の観点に立ってどこに位置付けられるのだろうか。そんな内容の濃い議論を重ねたいところである。 個人的に言えば、国際競争力強化のために、日本の農産品を海外に売り込み 食文化すら変えてしまうような力を持った組織が必要だと思う。その可能性が一番高いのが農協であるとすれば、守ることばかりに視点を合わせるのではなく、日本の農業の将来を伸ばすような活動ができるように改革すべきではないだろうか。 地元さいたまの農協では直売店を設けたところ、予想を超える売り上げを上げ、人気店になっている。地域地域の農協は、それぞれの農業の利点や欠点、そして直売店の立地適切地など、地域の実情に応じた農業の発展については1番詳しい。そうした地域農協の経営の自由度を高め、伸ばすということは重要な視点ではないだろうか。

コメント(0)

コメントする

コメントを投稿する

アーカイブ

カテゴリ

牧原秀樹facebookページ
まきはらひできLINE@
マッキーニュースバックナンバー 牧原ひできメールマガジン 党員・サポーター・後援会会員募集 ご支援をお願いいたします!ネット献金はこちら